少しでも楽に!半自動農場の作り方

機構建築
スポンサーリンク
モリー

今回も序盤にあると便利な半自動農場を解説していきます

チスイ
チスイ

あくまでも全自動ではないから、より良い物はあるという事ね?

モリー

はい。ただ全自動にはどうしても村人の協力が必要不可欠になるので利用価値は高いです

チスイ
チスイ

特に序盤は食糧不足にもなりやすいから安定して収穫できる農場があるのは便利ね

 

マイクラにおける農業

マイクラにおいて農業は一番簡単で確実に食糧を確保する為の手段として重宝します。

 

その他にも利用頻度の高いアイテムも多く、素材が入手できたならまず初めに行う事になるものという事もできます。

 

アイテムによっても育て方は異なりますが、一番オーソドックスなのは、水(水源ではないので水流でも可)から半径4マス以内に種、或いはアイテムそのものを植える事で一定時間経過で育って収穫出来るという形になります。

半自動農場の概要

今回作る半自動農場はこの基本形である、水の周囲4マスに植える事で育てる事が出来る装置です。

 

農業の基本となる「種植え」→「収穫」という工程の収穫部分を自動で行ってくれるという設備です。

 

少しでも農業に割く時間を減らして他の事をやりたいという人におすすめの機構になります。

 

具体的にはこれらの作物は水流で流すと回収されるのでそれを利用した機構です。

 

同時にマイクラの機構作りで多くの場合基本となるレッドストーン回路を使う事になるので初めてレッドストーン回路を使ってみるという人にもおすすめの機構になります。

 

モリー

レッドストーン回路は覚えておくと便利な事も多いのでぜひ習得しましょう

半自動農場で栽培できるアイテム

具体的に今回の機構で栽培、収穫出来るアイテムは以下の通りです。

 

  • 小麦
  • ニンジン
  • ジャガイモ
  • ビートルート

 

モリー

小麦はその辺の草を狩る事で手に入る種から、残りは主に村の中に生成されます

半自動農場に必要な素材

  • 土ブロック多数
  • 水バケツ1個(最終的に使う分)
  • 建材ブロック
  • レッドストーン25個
  • レッドストーンリピーター(反復装置)1個
  • レッドストーントーチ4個
  • ボタン1個
  • ディスペンサー(分配装置)
  • チェスト1個
  • ホッパー2個
  • (ガラス2個)代用可

半自動農場を作るのに欲しい機構・優先順位

半自動農場は初めてレッドストーン回路を扱うという人にも最適な機構である事は上記でも記載しました。

それだけ構造はシンプルで作りやすい機構になります。

素材においても集めるのが難しいアイテムはそこまでないので欲しい機構はありません。

 

製作の目安

 

半自動農場は単純なレッドストーン回路しか利用しておらず、素材も土こそ相当数必要ですがそもそも製作場所の確保に整地が必要になりそこで手に入るので、入手難度が高いわけではないので製作難度は1です。

 

あると便利な半自動農場ですが、あくまでも半自動であり、全く作業をしなくてもいいわけではないので優先順位は3です。

 

利用するスペースに対して収穫量はかなり多いです。反面、その分植える作業も当然多めにやらなければいけない為効率は3

 

モリー

あると便利ですが、なくても問題はない装置、といった感じでしょうか。

半自動農場の作り方

半自動農場の作製工程は

  1. アイテム回収部分
  2. 回路部分(途中まで
  3. 農地部分
  4. 回路仕上げ

 

という工程で構成されています。回路を1度にまとめてやりたい所ですが、構造上2回に分かれる点だけ注意しましょう。

 

アイテム回収部分

農場にしたい高さから2マス下を掘りチェストを設置し、その後ろからホッパーを接続します。

ホッパーと同じ列の1段上をホッパーを含めて13マス掘ります。

 

モリー

左右それぞれ5マスと6マス……少し気持ち悪いですが仕方ありません

 

掘った穴の左右からホッパーの方向に向けてそれぞれ水を流します

 

そのままだとチェストの手前まで水が流れてしまうのでチェストの上をガラスで塞ぎます。

 

モリー

チェストの開閉を阻害せず、水の流れを防げるブロックなら他の物でも代用できます

 

 

回路部分(途中まで

回路を埋め込む為の通路を水路に垂直に20マス掘り、先端からさらに6マス掘ります。

 

モリー

この範囲のほぼ全てが農地になるわけですね

掘った通路にレッドストーンパウダーとレッドストーンリピーターで回路を通します。

 

レッドストーンの動力は15マス先まで届くので15マス目にレッドストーンリピーターを設置して動力を延長しています。

 

距離の長いレッドストーン回路を作る場合には必須の知識になるので覚えておきましょう。

 

モリー

レッドストーンの回路の先にはレッドストーントーチを設置していますね

 

 

農地部分

いよいよ農地部分の製作です

水路から数えて9マス目の左右からそれぞれ5マス目の位置に穴を掘り水を入れます。

 

農地に出来る範囲は水から半径4マスなのでこれで水路と水の間の8マスは全て農地とする事ができます。

参考までにそれぞれの水が影響する範囲を色分けしてみました。

黄緑の羊毛がアイテム回収用の水路、水色の羊毛が上の水、黄色の羊毛が下の水、オレンジの羊毛が上下両方の影響を受ける範囲です。

 

モリー

こう見ると明確に農地になる部分が分かれた効率の良い農地だという事が分かります

水路から9マス目(水源を作った列)から先を土ブロックで1段高くします。

 

モリー

先程作った水源を埋めてしまわないように注意する必要がありますね

水路に近いほうから数えて5マス目の同じ位置に再び穴をあけて水を入れます。

再び水源を作った5列目から先を1段高くし5列目に水を入れます。

 

モリー

ここでも水源を潰してしまわないようにする必要がありますね

水源の列を含む3列を再び1段建材ブロックで高くします。

 

最後だけ建材ブロックなので注意しましょう。(もちろんそのまま土ブロックでも見た目意外に問題はありません)

 

モリー

ここまで作れば農地としては完成なので耕して植えておくといいかもしれませんね

 

回路仕上げ

ここまでくればラストスパート!回路部分を仕上げていきます。

先程強いた建材ブロックの上に画像のように建材ブロックを並べていきます。

 

モリー

建材ブロックを変えているのは段数を分かりやすくする為なので変える必要はありません

事前に伸ばしておいた回路の先のレッドストーントーチから上に信号を伸ばします。

 

モリー

このようにレッドストーントーチを使って信号を上げる機構の事をトーチタワーと呼んだりします。高さのある回路では良く利用する機構です

頂点のレッドストーンの上にディスペンサーを農地に向かって設置し、水バケツを入れておきます。

農地から作物を流す水流が溢れないように周囲を囲います。

 

モリー

この段階で既に準備していたレッドストーン回路をすっぽり覆い隠す事ができますね

最後にレッドストーン回路を伸ばしてあるブロックにボタンを付ければ完成です。

 

より効率を高めたければ!

ここまでで機構としての半自動農場は完成ですが、単純に農地と考えたら光源を置いた方がより作物の成長を促す事ができます。

 

どのように配置するかは用意できる光源や好みでも変わりますが、半自動農場は利用の際に農地に踏みいる必要がある機構なので必ずそれぞれの農地から3マス以上高さを上げた位置に設置するようにしましょう。

半自動農場の使い方

建材ブロックの設置、そしてレッドストーン回路が上手く設置出来ているとボタンを1度押すとこのようにして農地全体をディスペンサーから流れでた水流が押し流してくれます。

 

再びボタンを押すと水流が止まります。

 

農地内の作物が全て育ったらボタンを押して回収させ、回収できたら再びボタンを押して水流を止めてから農地に入ってそれぞれの種を植えるという使い方になります。

 

半自動農場まとめ

半自動農場は村人が確保出来るまでの間、少しでも農業を円滑に進めたいと考えた時におすすめの機構です。

 

他の機構に比べれば優先度こそ高くありませんが、農業機構は全自動にすると各段に製作難度が高くなるのでその繋ぎとしても充分以上に役割を果たしてくれます。

 

 

モリー

農業は一番楽に食糧を確保する手段なのであると便利ですね

チスイ
チスイ

あくまでも繋ぎとして考えるなら十分にアリな機構だと思うわ。御苦労様

機構建築
スポンサーリンク
シェアする
定期購読はこちらからフォローをお願いします!
ChisuiCraft

コメント